2008年1月15日火曜日

早稲田大学川口芸術学校 卒業制作展2008


2008年1月18日(金)-20日(日)
13:00-19:30 
at 早稲田大学小野梓記念講堂 (入場無料

早稲田大学川口芸術学校は、映画、映像ジャーナリズム、アニメーション、映像芸術表現の4つの専攻ジャンルを持つ、総合的な映像の学校です。今回の展示・上映では、全てのジャンルの作品を一同に集めて行います。是非この機会にご覧になって下さい。
デジタルシネマ(映画)
若い二人の青年がほんのわずかな出来心から事件に巻き込まれていく『青春墓場』など

映像ジャーナリズム
世界で初めて行われた電動車椅子サッカー・ワールドカップ大会を合宿から密着取材した『ドリームボール』など

アニメーション
かつて人として生き、戦争で心を失ったロボットが次第にその心を取り戻す様を精緻に描いた『幻走』など

映像芸術表現
様々な状況で撮影された動画や静止画を映像としてコラージュしたモーショングラフィックス作品『Fusion』など

詳しいプログラム内容はコチラ

2008年1月7日月曜日

目黒区美術館でライヴ・パフォーマンス


瀧健太郎(映像芸術表現ゼミ担当)とダンサーの伊達麻衣子さんと、大江直哉(川口芸術学校二期生)によるパフォーマンスが行われます。

日時:1月13日(日) 
「目黒の新進作家 -七人の作家、7つの表現」展、展示最終日

時間:14:00-16:00の間 
場所:目黒区美術館エントランスホール他 (鑑賞料は入館料に含まれております。)
http://www.mmat.jp/

瀧健太郎のインスターレーション作品"Living in the Box"の展覧会に併せて、
共同制作者2人を交えライヴ・パフォーマンスを行います。インスタレーション
の前で、身体表現と映像、また音声詩や電子楽器を盛り込んだコラボレーション
をお楽しみ下さい。20分程度、数回。

共演者:
伊達麻衣子(だて まいこ)
千葉県出身。在学中に「全日本高校・大学ダンスフェスティバル(神戸)」に参
加。大学在学中の'01年セッションハウス企画の「シアター21・フェス」にて自
作品を発表。'02年より伊藤直子に師事。'03マドモアゼル・メイツを経て'03年5
月マドモアゼル・シネマに参加。’07年、富野幸緒作品に出演。以後、国内外の
公演参加。

大江直哉(おおえなおや)
1983年生まれ。学生時に数々のドキュメンタリー作品を制作。自らが映像の制作
者になったことで、メディアに対して問題意識を抱えるようになる。大槻竜二、
工藤泰士らと"Rhizome TV"を結成。’07年かわさきショートフィルムフェスティ
バルにて、「それは表象の庭で失われた」が大塚ベバレジ賞受賞。

APPLEストア銀座で映像イベント

"Art meets Mac-bicameral world" ふたつでひとつのせかい。
第三回目の今回は佐原和人さんがフィーチャーされます。

■日時:1月12日(土)17:30-19:30
■会場:アップルストア銀座 3Fシアター
〒104-0061東京都中央区銀座3-5-12サヱグサビル本館  tel: 03-5159-8200
地図:http://www.apple.com/jp/retail/ginza/map/

■プログラム:
カトウチカ、佐原和人、瀧健太郎、十一、永岡大輔、松本力 (50 音順)
■入場料:無料。当日の整理券配布はありません。席数84、場合 により若干数の立ち見席が設けられる予定です。
会場(アップルストア)に直接お問い合わせいただいても、混雑状況等 をお知らせする事はできませんのでご了承ください。