2008年7月26日土曜日

屋外に映像を投影するプロジェクト




URANIWA Labo -記憶と記録の裏庭-2008 8/22(金)-23(土) 19:00-20:30
at 横浜都市発展記念館・横浜ユーラシア文化館 中庭
横浜市中区日本大通12 Tel:045-663-2424

建築物の壁面に、1950年代のフィルムによるニュース映像と、現代美術作家の記憶・記録をテーマにした2000年代の映像作品を交互に映し出しだしました。

映像芸術表現コース担当講師の瀧健太郎が作品セレクションとBGMの選曲を行い、映像による「記憶」と「記録」や、歴史的な時間と私的な思考・時間と空間が交差する場を提供しました。

詳しいプログラムはこちら

主催:横浜ユーラシア文化館
神奈川ニュース映像提供=横浜都市発展記念館
作品提供・協力:La Isle(ブラジル)、VCT/ビデオアートセンター東京

0 件のコメント: