2013年12月16日月曜日

卒業制作審査と上映会準備












卒業制作の審査会の様子。終了後に来年2月1日・2日に開催される卒業制作上映会のミーティングがありました。

2013年11月20日水曜日

up and comingハノーファー映画祭に入選



[卒業生の情報]

ハノーファー映画祭にて、7期生の福崎星良さんの「レーザーディスクの深い傷」(2012、1分、写真上)と、同じく7期生の鈴木紀之君の卒業作品「fragment」(写真下、2012, 11分, 早稲田大学川口芸術学校卒業制作作品)が上映されます。


お二人は27歳以下の映像作家を対象にしたハノーファー国際映画祭U27/up and coming に入選しました。同映画祭は11月21日から24日に開催されます。

2013年10月22日火曜日

ISMIE2013にて学生作品上映

日本映像学会・映像表現研究会主催「インターリンク:学生映像作品展2013」に早稲田川口校から学生作品が参加します。

東京会場
日時:10/25(金)~10/27(日)3日間、
場所:新宿三井ビル1F 55スクエアにて

京都会場
日時:11/29(金)~12/01(日)3日間、
「京都メディアアート週間2013」のプログラムとして元・立誠小学校“特設シアターにて実施されます。

詳細のプログラムはこちらをご覧ください。

早稲田大学川口芸術学校 映像芸術表現領域からの参加作品リストと上映時間(東京海上)
1~2上映:代表作品プログラム上映II 10/26 13:45-14:40
1~4上映:Cプログラム内 10/24(金)13:30-14:40+10/27(日)13:30-14:40 

1.寺田
"Wondering, Falling, Becoming"
ビデオ・インスタレーション

真っ暗な部屋の覗き穴をのぞくと不思議な映像が流れ始める。幻想的なシーンを組み合わせたインスタレーション作品。


2.本吉 春菜"THE TELEVISION"
映像コラージュ、3分40秒

60本以上のファウンド・フッテージによるテレビの擬態を行う。テレビジョンとは何か?私たちはそこに何を見ているのか?

3.大矢 大「空白の標本」
ビデオ・インスタレーション

誰にでもある無意識で空白の時間。その時間を様々な人から切り取り、ブラウン管テレビでマルチに構成した設置作品の記録映像。

4. 土肥 勇士郎
"Unconscious Painting System"
インスタレーション

球体が転がり、ペンキなどの道を経て、落下する際に、偶発的な絵画を発生させることができる装置。インスタレーションの記録映像。

2013年10月2日水曜日

福崎星良さんパフォーマンス作品公演のお知らせ

福崎星良さんの卒業制作のプロジェクトが、LIVE PERFORMANCE 「象牙の塔―Tour D'ivoire」として渋谷トーキョーワンダーサイトで開催されるTokyoExperimentalFestivalパフォーマンス部門に選出されました。

公演日程:2013年10月25日(金) 19:30pm
場所:TWS Shibuya
http://bit.ly/17aL18n
Presented by フクザキセーラとまぶたの星
✡Sera Vaishnavi Fukuzaki and the Slices of the Stars

作・演出 福崎星良
Playwrite/Direction Sera Vaishnavi Fukuzaki
出演 神田彩香 饗庭廉人
Cast Ayaka Kanda Kiyohito Aiba 
オペレーション・技術・製作協力 山田酩酊
Technical operation, Production staff Meitei Yamada

協力:東京造形大学 CSLAB 早稲田大学川口芸術学校
料金 ¥2,000(全席自由 Free Seats)

イベント詳細・チケット購入はこちら

2013年8月2日金曜日

軽井沢セミナーで新旧メディア実験


7月末に開催された軽井沢追分セミナーハウスでの合宿で、映像芸術表現領域は、コンピューターで外部機器を制御する機器の簡単な演習と、午後にはデジタルシネマ領域の学生さんが、手作りのカメラオブスクラとゾートロープによるアニメーション技術を体験実習を行いました。

2013年7月10日水曜日

スキャニング・アート!


今日は卒業制作をひとたび、休憩してスキャナー台を使って、即興的に歪んだようなポートレートなどを制作しました。(もちろんスキャニング台にはカバーをした上で!)

2013年6月26日水曜日

卒業制作にむけて実験中


寺田さんによる卒制作品のための実験の様子。風になびいて、不定形なスクリーンを模索中。

2013年6月12日水曜日

身体と映像、ライヴビデオ・ライヴパフォーマンス課題の記録



2011年12月の2年次制作プロジェクト研究A課題「アクロス・ディメンション・メタモルフォーシス」の記録映像です。ゲストにコンテンポラリー・ダンサーの伊達麻衣子さんをお招きし、ワークショップと制作を行いました。

ビデオ・シンセサイザーに触れる


2013年5月29日水曜日

70年代の熱気蘇る、ヴィデオ・シンセサイザーの夕べ














5月28日に開催された公開講座「ナムジュン・パイクと電子の亡霊: 阿部修也さんとパイク・アベ・シンセサイザーの夕べ」の様子。多くのお客様にご来場いただきましてありがとうございました。


2013年5月23日木曜日

野外彫刻とコラボレーション2














撮影された作品を写真作品として展示しました。各作品には、オリジナルの彫刻作品の情報と、それを引用し、再解釈した新しいタイトルが付けられました。

2013年5月22日水曜日

野外彫刻とコラボレーション






前回、フィールドワークで川口駅西口の公園で見つけた野外彫刻に対し、銅像から発想した台詞やアイテムをいくつか出し合いました。その結果を絞り込み、台詞が書いたボードやアイテムを銅像に物理的に干渉させ撮影しました。(写真は撮影と作業風景)

2013年5月8日水曜日

屋外彫刻・リサーチ













公共空間にある彫刻作品のリサーチと、その魅力を引き出すために何が可能か、が話し合われました。

阿部修也さんとパイク・アベ・ビデオシンセサイザーの夕べ

早稲田大学川口芸術学校では、総合人文科学センター「イメージ研究部門」と文化構想学部表象メディア系と共催で、メディアアートの先駆者をお招きし、お話を伺います。今回は、ナムジュン・パイクとのコラボレーションをされた、阿部修也さんにパイク・阿部・ビデオシンセサイザーのデモンストレーションを行って頂きます。

ナムジュン・パイクと電子の亡霊(ゴースト): 阿部修也さんとパイク・アベ・シンセサイザーの夕べ
日時:2013年5 月28 日(火)18:15 - 20:30
(17:30 開場、ビデオシンセサイザーの公開チューニング)
場所:早稲田大学大隈小講堂  入場無料詳細はこちら